ちょっとややこしいから解説します☆賃貸契約にまつわる契約ごと

賃貸は、金銭関係で成り立っているため、家賃を支払うことが、入居を続けられる条件でもあります。

当たり前の家賃支払い

ローンであれば、必ず返済をするようになります。
完済することが、当然であり、そのために、金融機関などは、お金を貸すようにしています。
賃貸においても、似たような面があります。
ローンのように利子は付きませんが、家賃という金銭対価があるため、オーナーが所有物件を貸していることになっています。
このため、賃貸においては、金銭関係に基づかれているため、家賃の支払いが絶対条件です。
遅らせることのないようにするのが、非常に重要であることは、言うまでもないでしょう。
しかし、時につい遅れてしまうということもあります。
種々の事情があるため、致し方のないことでしょう。
その際、重要なことは、不動産管理会社などに、できるだけ早めに連絡することです。
そうして、いつまで支払いが可能であるかを、きちんと伝えることです。
家賃支払いは、絶対ではありますが、柔軟性が効く場合もあります。
たとえば、該当の月だけ、分割支払にするなどです。
その場合、きちんと支払日を告げるべきことは、言うまでもないでしょう。
なお、家賃滞納が続くことで、オーナーから強制退去を命じられることもあります。
あるいは、何か月も滞納していれば、少額訴訟となり、裁判まで至るケースもあります。
この点も、重々承知しておくべきでしょう。
また、借地借家法では、オーナーが退去命令を出した後、半年以内で退去すべきことが規定されています。
これは、占有屋を追い出すための措置ですが、一般の賃借にも認めれるところです。
通常、契約書にも明記されますが、事前に知っておくことも大事でしょう。

オススメワード

  • 会議室はエリアと条件から検索できるコチラが便利。

Copyright (C)2017ちょっとややこしいから解説します☆賃貸契約にまつわる契約ごと.All rights reserved.